Experiences

リズム法を使う自然派避妊!子どもは授かりものなのでは?

私たちは「リズム法」で避妊を行っています。リズム法は生理周期を計算して行うものですね。生理周期を把握していくことは女性にとっては当たり前であると私は思っています。もちろん、多くの女性は「なんとなくそろそろ生理来るかなぁ」とか、「生理もう少しで終わるだろうな」というのは意識的にわかっていることだと思います。

でも、避妊をしようと思えばもっと具体的に把握しておかなくてはなりません。そのために私は、基礎体温を測ったり、アプリなどで記録をとるなどしています。結構面倒だなと思う事もありますが、自分たちのためですから仕方のないことです。

私たち夫婦は「子どもは授かりもの」という風に考えています。できない時はできないし、できる時には簡単にできる。そんな風に考えています。ですから、子どもができることに関しては、何ら問題はないのですが、今すぐに欲しいというわけでもありません。授かったなら授かったで愛情を思い切り注いで育てるつもりです。

コンドームをつけるでもなく、あくまで自然体で避妊をしたいというのが私の考えです。リズム法による避妊は、コンドームなどに比べると妊娠する可能性が高いように思えますよね。でも、今のところ私は妊娠をしていませんし、彼もコンドームなしのセックスに満足しています。

リズム法を始めてからは約1年半ほどが経ちます。夫と暮らし始めてからは約3年ですから、そろそろリズム法を辞めて子どもを意図的につくるのもアリかなという風に考え始めています。コンドームを使おうか使わまいが、私たちのセックスに不満はありませんし、次のステージに進む時なのかなと思い始めています。

くどいようですが子どもは授かりものです。避妊していてもできる時はできてしまいます。避妊が上手くいかないこともあります。多くのカップル、夫婦にとって如何に避妊をするか、妊娠をするかというのは大切な問題です。私達夫婦のような自然体の考え方もあって良いのかなと思います。参考にしてくれたら嬉しいです。

 

30代女性・接客業